今流行りの電子タバコとはどんなタバコ?種類や特徴は?

電子タバコとは?

電子タバコとは?

電子タバコは別名VAPE(ベイプ)とも呼ばれ、プロピレングリコール、グリセロール、香料などが入った液体(リキッド)を電熱線で加熱し、霧状のエアロゾルにして使用する機械式の煙草です。

日本で販売されている電子タバコにはニコチンやタールが含まれていないのが特徴で、様々な味や香りのするリキッドを楽しむ嗜好品です。

電子タバコにはリキッド式、カートリッジ式、使い捨て式の3種類があり、それぞれ価格や手入れの方法などが異なります。煙草葉を燃焼させる従来の紙巻煙草よりも非喫煙者には受け入れられやすいようです。

電子タバコと混同されやすいのが加熱式たばこで、こちらは煙草葉を加熱し、ニコチンを含んだエアロゾルを発生させます。アイコス、グロー、ブルームテックなどの種類があります。

電子タバコを購入するには?

電子タバコを購入するには?

電子タバコは、日本でもブームになってきていることもあり、一度試してみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、まだ出始めたばかりの商品なので、どこへ行けば購入できるのか分からないという人も少なくないのではないでしょうか。

方法としては、実店舗とネット通販の2つがあると言えます。まず実店舗については、ディスカウントショップや電子タバコ専門店で購入することができますが、都市部に店舗が集中している傾向にあると言えます。

次にネット通販については、さまざまなショップがあるため比較しながら選べますし、実店舗が少ない地方の人にも便利だと言えるでしょう。

ただしネット通販の場合は、安全検査等がしっかりと行われている信頼できるショップを見つけることも重要だと言えます。

電子タバコはどんな人に人気?

電子タバコはどんな人に人気?

電子タバコはこれから禁煙をしたいという人に人気になっています。いきなりタバコを止めるのは難しく、断念してしまうという人も多いです。

タバコの代替品として作られたもので、実際に吸った感覚を得られるのが特徴です。

中にニコチンやフルーツなどのフレーバーが入っているカートリッジがあり、それを交換することで色んな楽しみ方ができます。

電子タバコの使い方も簡単で、リチウムイオン電池を使っていて充電をしてスイッチを入れれば使えるようになります。

カートリッジの中のリキッドを温めて、その蒸気を吸ってタバコを吸った気分を味わえます。

電子タバコは一度購入すれば、中身のカートリッジを定期的に購入するだけで良くて、コストパフォーマンスも高くなっています。