加熱式タバコと電子タバコには特徴にどんな違いがある?

電子タバコの特徴

電子タバコの特徴

特徴は本物のタバコと比較すると害が少ないことです。電子タバコの場合はニコチンやタール、一酸化炭素などが含まれていませんので、それらによる害を無くすことができます。

煙が発生しますので見た目は本物のタバコのように感じられますが、それはただの水蒸気ですから健康を損ねてしまうことがありません。

本物のように吸うことができつつも、体への影響の心配が殆どなく気軽に使えるアイテムと言えるでしょう。

ただ注意しなければいけないのが全ての電子タバコが無害というわけでもない点です。

中にはニコチンをはじめとした有害物質を含む物も存在すると言われ、必ずしも安全ではない場合があるのです。

したがってユーザーにはよく吟味して選ぶ姿勢が求められます。

加熱式タバコの特徴

加熱式タバコの特徴

加熱式タバコは通常のタバコに比べて煙や灰をはじめとした害が少ないことで注目されており、家族や周囲の人々に迷惑をかけないためにも利用を考えている愛煙家も少なくないでしょう。

今までのタバコであれば火をつけて吸うのが当たり前でしたが、この加熱式タバコは専用の機械にスティックを装着して使うのが特徴です。

葉を燃やすのではなくあくまでも加熱することによって味を楽しむことができるため、一般的なタバコのように灰を落としてしまったり煙で不快な思いをさせてしまったりといったリスクを大幅に減らすことが可能です。

周りの目が気になるもののタバコは吸いたいという方にとって、加熱式タバコは便利なアイテムになってくれるでしょう。

電子タバコは加熱式タバコより安全?

電子タバコは加熱式タバコより安全?

電子タバコとは、液体のリキッドを加熱したときに発生する蒸気を吸うものです。そして、加熱式タバコとは、タバコの葉を加熱したときに発生する蒸気を吸うものです。

このように、電子タバコは加熱式タバコと違い、タバコの葉を使用していません。だから、ニコチンによる害はないとされているのでその点では安全といえます。

また、電子タバコの液体リキッドの成分は少量ならば人体に影響がないとされている比較的安全なものといわれています。

しかし、まだ始まったばかりで長期間吸引した人もいないので、実際のところは本当に体に害がないのかは分かっていません。その意味では、電子タバコが加熱式タバコよりも安全かどうかはまだ分からないのが現状です。