電子タバコが流行っている国のタバコ事情について調べてみた

アメリカの電子タバコ事情

アメリカの電子タバコ事情

嗜好品として日本のみならず世界各地で人気のタバコですが、その健康被害についてはよく問題視されており、禁煙に励む人も多く見られます。

その禁煙の助けとなるもののひとつが電子タバコです。この電子タバコでは日本でも普及しつつあるものですが、アメリカやヨーロッパではすでに大流行していました。

この電子タバコの扱い方について、日本とアメリカとでは少し異なっています。それでは、アメリカの電子タバコ事情とはどのようなものなのでしょうか。

アメリカでは電子タバコであっても通常のタバコと同じように扱われる為、未成年の購入及び使用は禁止されています。また、禁煙スペースでの喫煙も禁止されています。

ニューヨークではアメリカの中でも特に厳しい規制がされており、ニコチンが含まれていないものについても通常のタバコと同じ扱いをされています。

日本の電子タバコ事情

日本の電子タバコ事情

近年日本では副流煙やマナーの問題によって喫煙者への風当たりが強くなっているという事情があります。そこで注目され始めたのが電子タバコです。

電子タバコはリキッドを熱する事で煙を出して、まるで本物の煙草を吸っている感覚になれる電子装置です。見た目もスタイリッシュで近代的なので、新しいファッションアイテムとして若い年齢層にも興味が持たれているようです。

また日本国内では薬事法によってニコチンがリキッドに含まれていないのが特徴です。そのため利用者の多くは禁煙を目的とした元喫煙者が多いです。

電子タバコに対する各自治体の反応は安全性がはっきりと明示されていない事と紙巻きたばこと勘違いされやすいなどを理由に地域ごとに異なっています。

イギリスの電子タバコ事情

イギリスの電子タバコ事情

イギリスではタバコの規制が強化されており、それに伴い電子タバコの需要が伸びています。

そういった事情もあり電子タバコのVAPEが、イギリスでは正式に禁煙補助薬として認可それており、安全性も認められて多くの方が利用されています。

多くのイギリスの方が電子タバコを利用されており、急速に普及してニコチン入りリキッドは当たり前に販売されています。

健康へのメリットがあり、経済性もよく、従来のタバコの害もない、吸い殻や灰も発生せずにファッション性もそれなりにあるということで女性の間でも愛用者が増えており、アクセサリー感覚で楽しまれている方います。

今ではイギリスだけではなく世界的にも人気が拡充していまして産業も大きく発展しています。